お知らせ

最新記事や頂いたコメントが上手く表示されないときがあります。 その際はブラウザーの「更新」ボタンでリロードしてみて下さい。
ご迷惑をおかけしておりますm(_ _)m

最近の記事


クリックお願いします


プロフィール

蒼

Author:蒼
このブログは『たぶん』バイクブログです(^_^;)


Archiveα+Daycount


最近のコメント


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:バイク
みなさんは1泊以上のツーリングで、携帯の充電をどうしていますか?

ホテルに泊まる方は問題ないと思います。

私みたいな貧乏キャンピングライダーは困っちゃいます。

だって、キャンプ場にはコンセント無いところが多いんですよ。



で、その対策として最近までナショナルのポケパワーを使っていました。

ところがコイツ、すぐ壊れるんです。(T_T)



なので、他の方法を検討した結果、バイクに電源用のシガーソケットを付けてみました。


(画像をクリックすると楽天に飛びます)



バイクへの設置はいたって簡単。

バッテリーに直結するだけ!

では、その作業手順を紹介します。



1.シガーソケットのコードのプラスとマイナスを確認しておく。
DSC_9447.JPG

赤い方がプラス、青い方がマイナス。



2.バッテリーの接点にシガーソケットをつなげる。
DSC_9448.JPG




ここで、バッテリーを取り外し、取り付けするときの基本を確認しておきましょう。

外すときはマイナスが先
取り付けるときはプラスが先


この順番を間違えるとショートして危険です。



3.バッテリーカバーにコードの逃げ道を作るため、切り込みを入れます。
DSC_9456.JPG
赤丸部分が切り込み



4.両面テープでバイクに貼り付けて完成!
DSC_9457.JPG
私はトランクルームのライトに近い場所に付けました。



5.最後に充電出来るかテストします。
DSC_9466.JPG
携帯の充電ランプ(黄丸)と充電用ソケットのパイロットランプ(赤丸)が無事両方とも点灯しています(^^)



作業時間は30分ぐらいです。

これでツーリングのときもバッチリ携帯使えます(^_^)v



にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村 キャンプツーリング ←クリックお願いします。





テーマ : バイク用品 - ジャンル : 車・バイク

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:バイク
先日の試乗会での話です。


ショップに着いて、試乗を申し出たところ、

「ハイ。ではまず始めに、誓約書をお選び下さい。」

と言われました。


「エッ? 誓約書って何種類かから選ぶものだっけ??」


試乗する場合、「転けて怪我してもショップの責任にはしませんよ」と誓約書にサインすることは多々あることですが、誓約書を選ぶケースは初めてです…



不審に思いながら、書類の載っているテーブルに目を降ろすと…

















何と、

誓約書にオマケが付いていたのでした!!



で、飲んべえの私は迷わずコレを選びました(^^)
DSC_9254.JPG


他にも、ガムとかチョコレートとか色々ありましたよ。


事務的に試乗のための手続きをされるより、お客の気持ちも和みますよね。

粋な計らいと思いません?


で、試乗が終わるとお茶を頂きました。
DSC_9253.JPG


ヤマハの中須賀克行選手でした。


こんなお店なら、信頼してバイクも買えますね(^^)



人気ブログランキングバナー人気ブログランキングへ ← クリックお願いします





テーマ : バイク - ジャンル : 車・バイク

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:バイク
こないだの試乗会で、もう1台乗ってきました。

ヤマハ FJR1300A です。
クリックするとメーカーサイトに飛びます

で、180cm、100kgが跨ってみました。
DSC_8906.JPG
今度は250ccぐらいには見えるでしょ(^_^)v



さて、乗ってみての感想は、


1.ポジションはFezar600とそれほど変わらない。

2.ハンドルはエンドが少し下がり気味。心地よい前傾姿勢がとれる。

3.やはり大排気量車だけあり、乗り出しもパワーを感じる。町中では3000回転以下でほとんど足りる。

4.可変式フェアリングは、最高位置にすると前方の視界が悪くなる。中途半端に視界を遮る感じ。身長180cmには、もう少し高くても良いか?

5.ハンドリングは「ねっとり」とした感じ。低速で交差点を曲がっても安定している。かといって「エイヤッ!」と倒さなくても曲がってくれる。

6.シートも長距離走行に適した適度な堅さ。

7.クラッチは5段階調整式。油圧クラッチ?だから仕方ないか。

8.直緯でアクセルをあけると、急かさない感じでパワーが上がっていく。アクセル開度に合わせたパワーの出方が心地よい。

9.大きいバイクの割りに重心は低い感じ。立ちゴケしにくい?

10.ブレーキのタッチは「握った分だけしっかり速度が落ちてくれる」感じ。



このバイク、フェアリングの高さが可変式です。

ユーザーの好みで、走行中でも左グリップのスイッチ一つで変更できます。

こういう「シチュエーションや体格に合わせた変更機構」は、他のバイクにも取り入れて欲しいですね。



典型的なヨーロピアンスポーツツアラーです。

高い速度域中心で走ると心地よく楽しめると思います。

町中ではやや重さを感じるので、渋滞時や取り回しはきついでしょうね。

高速道路を使ったツーリングをされている方にはオススメと思いますよ。




人気ブログランキングバナー人気ブログランキングへ ← クリックお願いします。





テーマ : バイク - ジャンル : 車・バイク

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:バイク

近所のYSPで試乗会があったので乗ってきました。

以前から気になっていた中間排気量車です。

ヤマハの「FZ6 フェーザー」です。
(クリックするとメーカーサイトに飛びます)



180cm、100kgが跨るとこんな感じ。
DSC_8903.JPG
(メタボ腹が目立つわけではありません!ヒットエアーを着ているからです。)

う~ん、なんだか600ccが原付に見えるのだが…(^_^;)



まぁそれはさておき、乗ってみての感想は、


1.ハンドルエンドが上向きに感じる。水平に近い角度だからか? もう2センチぐらいエンドが下がるとしっくり来る。

2.腰高な感じがする。普段スクーターに乗っているからか? トレール車のような感じ。

3.シートのクッションは良い。長距離でも尻が痛くならない感じ。

4.シフトが堅い。ヤマハ車の特性?

5.エンジン回転はスムーズ。ラフにあけてもギクシャクしない。

6.ステアリングはナチュラルな感じ。ヤマハ車の「見た方に曲がる」特性が生きている。

7.パワーの出方が国内仕様のナナハンより緩やかな感じ。高回転まで回せば力強さを感じるのだろうが。町中ではとても扱いやすい特性。

8.フェアリングの効果も高速域では期待できる。街乗りでも視界を遮ることはない。

9.ポジションは前傾はきつくない。80年代後半のヨーロピアンスポーツといったところか。

10.ミラーの後方視界はよい。



日本の道路事情にマッチしたバイクです。

大排気量車をおっかなびっくり乗るより、安心してライディングを楽しめます。

手頃なパワー感があり、これならいつの日か使いこなせるのではないかという感じですね。



う~ん、欲しくなってしまったなぁ(^^)


人気ブログランキングバナー人気ブログランキングへ ← クリックお願いします

テーマ : バイク - ジャンル : 車・バイク

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:バイク
みなさんご存じの「カワサキ ニンジャ 250R」です。
クリックするとメーカーサイトに飛びます


こないだ近くのカワサキショップで試乗しました。

で、結論から言うと

やっぱり250ccだな

というところです。



決して否定的な意見ではありません。

過剰な期待をしないで、手軽に峠を走ったりツーリングをするにはとても良いバイクです。

バイクのことを解っている人や、逆にバイクのことが解らない初心者にはうってつけのバイクです。


私のように中途半端なキャリアだと、購入まで踏み切れないバイクかもしれません。

ショップの方に伺ったところ、目の前にあった納車整備中のバイクは、60代の方が購入されたとのこと。

そのぐらいの方で十分なキャリアを積んだ「違いのわかる御仁」には最高のセカンドバイクでしょう。



以下は試乗しての感想。

1.ポジションはレーサーレプリカとネイキッドの中間ぐらい。

2.シートは薄いので、ツーリングには覚悟が必要。

3.エンジンはパラレルツインで、走行フィーリングは悪くない。そこそこに軽やかに回る。

4.タンク容量は大きいので、無給油で400kmぐらい走れるかも。

5.回せばパワーが出る。でもやはり250ccのパワーでしかない。

6.コーナリングも妙な切れ込み感はなく、ナチュラルなもの。(交差点しか曲がってませんが)

7.キャンプ道具を積んで走るバイクではない。2~3泊のホテルに泊まりながらのツーリング向き。

8.高速道路も苦にはならない。ただし制限速度程度で流すレベルで。



一番強く思ったのは、エンジンフィーリングが楽しいこと

急かされる感じもなくトコトコと回ってくれます。

このエンジンを使ったハーフカウル(またはネイキッドのライトスポーツ)のツーリングモデルがあったら、迷わず注文しています。



で、このニンジャ250、予定年間生産台数は3000台だそうです。

カワサキという会社、商売っ気がゼロですね(^_^;)

絶対売れると思います。もしあなたが購入を考えているのなら、迷わずショップに注文入れときましょう。



そう言うオマエはどうするって?

私はまだ考え中です(^^)
















テーマ : バイク - ジャンル : 車・バイク

| BLOG TOP |

copyright © 星空手酌酒 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。