お知らせ

最新記事や頂いたコメントが上手く表示されないときがあります。 その際はブラウザーの「更新」ボタンでリロードしてみて下さい。
ご迷惑をおかけしておりますm(_ _)m

最近の記事


クリックお願いします


プロフィール

蒼

Author:蒼
このブログは『たぶん』バイクブログです(^_^;)


Archiveα+Daycount


最近のコメント


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:日本一周
日本一周 Part1 with VT250F  2日目です。

(お手元にツーリングマップをご用意の上、お読み頂けるとよろしいかと…)


1986 8/4(月)

 5:00 起床

前日の疲れで、天使のようにスヤスヤと(しつこいですか?)眠っていたヲヂさん、激しい雨音で目が覚めます。

テントはフライシートをかけていたけど、サイドはびしょびしょ。防水性の高いグランドシート部のおかげでシェラフはしめった程度。

「まいったなぁ…」と思いながらも、撤収準備に取りかかります。

晴れていれば、早朝の浜名湖のほとりで優雅にコーヒー何ぞを飲みながら、一人旅の朝を満喫するところですが、この雨では、そうは問屋が差し押さえです。

荷物が濡れないよう、テント内でパッキングをすませ、カッパを着てからテントをたたみます。

朝飯を食べたかどうか覚えていません。



 8:15 出発

激しい雨の中、VTを必死で駆るヲヂさん。そこそこ防水性&通気性に優れたカッパでしたが、上着のファスナーから浸水してきます。

やむ終えず、新聞紙をビニール袋に入れ、それを胸元に差し込みシールド強化します。

ビニールだけだと上手く入らないけど、新聞紙入れれば芯になるし保温性もバッチリです。


このときほど

酒は忘れても新聞紙とビニール袋は忘れるな

という、ヲヂさん格言その4を強く感じたのは、後にも先にもありません。



 9:20 
豊橋瀬上マクドナルド  ソーセージマフィン コーヒー 420円

たしか、このマックにはテレビがあったはずです。

キャスターのオジサンがのたまっちょりました。

「大型で強い勢力を持つ台風○○号は…」

「おおっー! 2日目でいきなり台風と遭遇かよ…!」

当時大学生だったヲヂさん、出発前に、新聞とかテレビのニュースとか見ていたはずなんですけどねぇ…

まぁ、バブルの頃のオチャラカ大学生ですからねぇ…


ここで、気合いを入れ直して出発です。

10:20 出発



11:30 桶狭間  

 給油 江崎石油株式会社 262km 10.1リットル 1151円



12:30 名古屋 

 ユニー きしめん定食 550円 ういろう 1000円

名古屋に到着したヲヂさん、「きしめんはどこだぎゃ~?」とヘルメットの中でエセ名古屋弁を駆使して、昼食場所を探します。

デパートのフードコーナーで食べたような記憶があります。

せっかく名古屋まで来たのだから、本格きしめんを食べればいいのでしょうが、まだ若かったのでしょうね…


昼食後、デパートの中で大休憩。

台風の雨と風で打ちのめされています。

それでも、紀伊半島方面に向かおうと力強く立ち上がるヲヂさん!

う~ん かっこいいなぁ~ (このころまでは…)

気を取り直して出発です。


15:05 出発



17:00 津

JRのホームの駅名表示が、「?」に見えることで当時有名になった津市でした。

紀伊半島入り口に入っても雨は止みません。

日本一周2日目、一日中雨に打たれて走ったあげく、ビショビショのテントで寝るガッツは当時のヲヂさんにはありませんでした。

「ここで無理して体調を崩したら日本一周なんて出来ないなぁ…」
「まだ2日目、折り返しルートで紀伊半島を走ってもいいしなぁ…」

と考え、急遽方向転換!

大阪の親戚の家に向かうことにしました。

走ってきた国道23号を引き返します。



17:30 亀山 コーヒー 100円

18:00 伊賀(名阪国道) カップヌードル170円

18:45 天理 

19:05 松原 西名阪高速 600円

給油 中間大和川SS 233km 10リットル 1150円


ちょうど帰宅ラッシュのなか、大阪に向かって走ります。

結構無茶な運転の車も多いです。


そんなこんなで、大阪市内に突入!

親戚の家を探しますが、初めての大阪、全然わかりません…

そこに、いかにも大阪のおっちゃんという感じの、短髪で仕事中のお父さんと遭遇!


ヲヂさん
「あのぉ~、松屋町筋ってどういけばいいんですか~?」

大阪のおっちゃん
「ああっ!! マッチャマチやな~! ここをこ~やってこ~いってこ~いけばええねん!!

おっちゃんの素晴らしい(^_^;)説明で、ようやく親戚宅にたどりつきました…


20:30 親戚宅着


で、ここんちの親戚のオジサン、なんと社長なんですよ!

なので、その晩は豪華にレストランっぽいカニ屋さんで、豪華な夕食をご馳走になりました。


帰り間際におばさんが「ここのパン、おいしいなぁ~。包んでもらおっ」と店員さんにお持ち帰りのお願いをしていました。

当時、東京の文化としては、残したものを持ち帰るということは一般的ではありませんでした。

なので、当時のヲヂさん、「えっっ?」と思ったのです。

しかし、よく考えれば、「自分たちが注文したものに最後まで責任を持つ」ことは大切ですよね。

大阪文化(関西文化?)の良い点を感じたその日のヲヂさんでした…


24:00 就寝




本日のルート

8月4日ルート.jpg

クリックすると Google map に飛びます  



3日目に続く…ニコニコ


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ にほんブログ村 バイクブログへ

 アップアップアップ   アップアップアップ   アップアップアップ

よろしければクリックして頂けると励みになります。

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

「感謝!」(^-^)/






スポンサーサイト
コメント

■バイクで

台風に遭遇とか大変ですよね・・・
かなり前台風の時に職場にツーリング中の男性が来て屋根付きの駐車場にテントを張って寝た事があります。



■kakuさん

こないだの大阪ツーリングの最終日、台風直撃でした。で、夜中の1時、これ以上走ったら危険と判断し、農協の軒先、屋根のあるところでテント張りました。
自宅まであと60キロぐらいだったんですけどねぇ。



■う~~~ん

しまったなぁ・・・
日本一周大冒険に、一日出遅れてしまった・・・。
これもあれもそれも、
なんと言っても、
どなたかの性格の悪さのせいだよなぁ・・・
大阪って、結構いいでしょ(笑)
気取りがありません。
それが過ぎて、厚かましくもなりますけど(笑)



■takechanさん

>どなたかの性格の悪さのせいだよなぁ・・・
takechanさんの性格でしょ(^^ゞ
大阪、大好きです!
ヲヂさんの感覚とバッチリ合います(^O^)



■お~

いきなり、大雨に見舞われましたか~。
なんだか、読んでるだけでドキドキしてきますよ~(^▽^;)



■ちわ!

やっぱし、カッパ雨漏りすることあるんだね!(^_^;)
それにしても、台風とはひょえ~~ですね!(≧▽≦)
でもそのお陰で、豪華カニ料理♪(^_-)☆
大阪のおばちゃん、最高っす♪(*^-^)b



■台風って!

お天気ばっかって限らないよなぁ~(ーー;)
それでも走るって若さかな?
息子も今年から大学生です。
そんで来年に日本一周を目指すらしい。
ビニールと袋も持たせないとだネ♪
ん~参考になるなぁ~。
(来年の話しだから忘れないよにしないと…でした)



■ボニィ~さん

ロングに雨は付き物ですから。
15年ほど前、北海道に一週間ぐらいいて、晴れたのは上陸した日と最終日の夕方だけ(T_T)



■ちいさん

性能がいいカッパでも、あれだけの雨風ではねぇ…
ましてや20年前の素材だから。
大阪はけっこうヲヂさんの肌に合うみたい(^^)



■Яitzさん

息子さんもバイクで?
チャリでやる人もいますからねぇ。
そのうち息子さんも交えて、酒飲みながら打ち合わせしますか?(^^)



■冬も

その場しのぎの防寒ですが、新聞を腹部にぐるっと巻くと、かなり防寒になりますよね~。
台風の中走るだなんて尊敬です!
直撃したところより、その周囲の方が、雨風強いですもんね!



■零さん

>台風の中走るだなんて尊敬です!
男の子って、小さい頃から大雨の中、傘もささずに歩いたり、長靴の中に雨水溜めてみたりってこと、結構好きなんですよね。
やってみると、それはそれでいい思い出になったりするものです。
走り出すまでは億劫なんですけど、走り出しちゃえば「もうどうでもええわ!」って感じになります。



■1414

ヲジ様へ
うふふ♪
ヲジ様のブログカウンター見たら『1414』でした♪
日本一周記事…めっちゃ詳細なんだけど…ヲジ様記録しながらのツーリングだったのかな?
楽しみにしています♪



コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 星空手酌酒 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。